TOP 

お知らせ

第22回 全沖縄高等学校英語スキットコンテスト 本選結果

※審査の結果、以下の通りになりました。

最優秀賞 向陽高校            The Feelings of Things: A Man’s Saturday

優秀賞  前原高校            Magic vs Effort

優良賞  八重山高校          Give me that!

奨励賞  那覇商業高校        Let’s Make a Bet!


賞状と副賞は後日、お届けします。


審査員よりコメント
①ストーリーラインをしっかりとつくり、山場(笑いなど)があるとより良い。
②オリジナリティーのある内容を構成することが望ましい。
③タイミングや間の取り方を工夫すると良い。
④スキットなので場面の移り変わりをストーリーライン(セリフなど)の中で表現し、サイン表示を最小限にする。


ビデオ審査におけるアドバイス
①カメラを聴衆と想定して演じる。
②画面に収まる広さに制限はあるが、ステージの範囲内で動きのあるスキットが望ましい。
2021年6月18日

第22回全沖縄高等学校英語スキットコンテスト 予選結果

※審査基準に則り厳選な審査の結果、以下の8校が予選を突破し、本選進出となりました。

本選進出校(8校)

球陽、向陽、那覇国際、那覇商業、那覇西、前原、宮古、八重山(五十音順)

※本選ビデオ審査日は6月17日(木)を予定しています。なお、本選結果は6月18日(金)の午後以降に、高英研ホームページに掲載予定です。

 

2021年6月11日

第55回全沖縄高等学校英語弁論大会結果発表

1部
 1位 崎浜 空音(球陽高校)
 2位 富永 尚(那覇国際高校)
 3位 三浦 ミミ(沖縄尚学高校)

2部
 1位 城間 花音(開邦高校)
 2位 キー 円花(球陽高校)
 3位 ボルトン ジョージ(沖縄尚学高校)

ジャッジからのアドバイス
① memorizationよりspeechすることを意識する。人に聞いてもらう姿勢が大切である。
② 必要のないgestureには気をつける。
③ 効果的なspeedを工夫する。(速く話すことが重要ではない)
④ 内容は広く浅くではなく、シンプルかつ深く掘り下げるとよい。
⑤ 社会問題を取り上げるのはよいが、表面的になる傾向があるので内容を深める努力を。

2020年9月25日

2020年9月7日
› 続きを読む